にんにんが苦手な人でもサプリで健康に - さまざまな効果が期待できるにんにくを、毎日の料理にうまく取り入れましょう

毎日の食事ににんにくを

にんにくは、料理に使うと風味が増すだけでなく、さまざまな効果が期待できる食べ物です。

古来より体内の腫瘍、腹痛、おう吐、下痢、咳止め、食欲不振、解毒等に効果があると言われていましたが、現代では研究に基づき、抗菌、消炎、殺菌作用があることが証明されています。

また、コレステロール値の降下や、動脈硬化予防作用、抗ガン作用もあると言われています。

健康によいと言われるにんにくですが、食べすぎは禁物です。

特に生のにんにくの食べすぎは、貧血や胃腸に変調をきたす恐れがあります。

生の場合は1日1片、加熱したものでも1日2片程度が目安です。

以前、にんにく料理の専門店で、まるごと1個揚げたものをいただきました。

低温で素揚げにしただけのものでしたが、中がホクホクでとてもおいしかったです。

低温で時間をかけて揚げると特有の臭いがなくなるのだそうです。

他にも、自宅にあるオリーブオイルや醤油に漬け込んで風味を出すといった方法も広く知られています。

せっかくhttp://www.e-ninniku.com/などで購入しても余ってしまうという方には、ぜひお勧めです。

普段、あまり料理をしない方には、市販でチューブになったすりおろしにんにくもありますので、手始めにこれから少しづつ料理に取り入れていってはいかがでしょうか。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。